マイクロファイバータオルに関する情報

マイクロファイバータオルに関する情報

ヘアケアには仕事のストレス・食生活・睡眠・喫煙・ワックスやスプレー・カラーリングやパーマ・ドライヤー・ヘアアイロン・エクステ・ウイッグなどのさまざまな要因が関連してきています。今回は【マイクロファイバータオル】に関する情報を中心にご紹介しています。
 
  • 洗髪後のタオルドライはマイクロファイバータオルがおすすめです。
 
もともとスポーツ用のタオルという目的で作られたのがマイクロファイバータオルです。タオルドライには最適であります。特徴は吸水力がとても高いことです。水分をぐんぐんと吸い取る理由は、極めて細い繊維を使っているからです。
 
吸い取った水分を髪の毛にもどすことがありませんから普通のタオルと比べて乾きがとても早いです。濡れた髪の毛同士が擦れてしまうとキューティクルが痛むのでできるだけ早く乾かしたほうがいいのです。
 
  • 高い吸水率を誇るマイクロファイバータオルとは
 
一般的なタオルよりもはるかに水分を吸い取ってくれるのがマイクロファイバータオルの大きなセールスポイントです。このマイクロファイバータオルを使ってタオルドライスをすることによってドライヤーの時間をかなり短縮できるでしょう。
 
普通のタオルと比較した場合7倍から8倍程度の水分を吸い取る効果があると言われています。普通のタオルは大量の水分を吸収してしまうと、タオルそのものが濡れてしまいます。その状態のまま使用するのはとても気持ち悪く不快に思います。
 
それよりも一度吸い取った水分は限界が来たら放出してしまうのが一般的なタオルです。マイクロファイバータオルはそれがありません。濡れたタオルで髪の毛を拭き続けても、普通のタオルならば水分が髪の毛に戻ってしまいます。
 
濡れた髪の毛でいる時間が短いことはメリットがあります。ドライヤーの熱にさらされている時間がグーンと減ります。髪の毛にはとても健康的になります。時間の節約にもなるので特にロングヘアの人はマイクロファイバータオルはヘアケアには必須のグッズになるでしょう。
 
やさしく拭いてある程度の水分をマイクロファイバータオルに吸収させ、数分間程度、頭に巻いておくだけで、さらに水分をグングン吸い取ってくれるすぐれものです。
 
  • マイクロファイバータオルがお勧めできる理由
 
ヘアケアを考える場合に髪の毛が濡れた状態が最も痛みやすいシーンです。何故ならば、髪の毛が濡れている場合にはキューティクルが開いています。その状態でダメージを与えてしまうことによって、折角のキューティクルが剥がれてしまいます。これだとシャンプーやコンディショナーに注意しても無駄になってしまいます。
 
キューティクルが剥がれてしまうとどうなるのでしょうか?髪の毛の水分は栄養分がどんどんと流れ出してしまいます。そんな髪の毛が外部からの刺激をうけるとより一層ダメージを大きくさせてしまいます。
 
やさしく洗い上げたシャンプーに配慮しても、いざ乾燥させるときにタオルでゴシゴシするのはNGです。頭皮や髪にダメージを与えるだけです。刺激によって摩擦がおこり髪の毛や頭皮は刺激にさらされてしまいますからヘアケアではもっとも危険な行為です。髪の毛を強くするために……と毎晩ゴシゴシしているとダメージヘアはいつまでも改善してくれません。
 
だからこそ、タオルドライをする場合にはマイクロファイバータオルを使ってほしいのです。ですが、マイクロファイバータオルだからといってゴシゴシ擦ってもいいわけではないです。髪の毛を乾かす場合には優しく押すようにすることがポイントです。
 
マイクロファイバータオルをやさしく扱ってください。そうすれば髪の毛や頭皮にダメージを与えることがないです。毎日理想的なヘアケアができるのです。実際に使用した人の口コミをチェックしてみてください。吸収率の高さに驚いている声が多くあります。 
 
 
  • 髪の毛をできるだけ早くかわかす方法
 
髪の毛を洗ったあとタオルドライをしますが、吸水タオル・髪の毛を早く乾かすタオルなどが通販などでも人気です。ふわふわしていかにも吸水力が高いのがマイクロファイバータオルです。一度試してみるといいでしょう。ここでは髪の毛をできるだけ早く乾かす方法をまとめておきましょう。
 
1番目は「タオルドライにマイクロファイバー素材を活用すること」です。
シャンプーをしたあと、できるだけ髪の毛の水分をなくしておけばドライヤーを使う時間が短くなります。そこでおすすめが「マイクロファイバー素材のターバン」です。
 
浴室にいるときにシャンプーしたあとの髪の毛をターバンの中にいれておくのです。そのあとで身体を洗ったりお風呂の床掃除をしたりすれば時間のムダがありません。最近の通販でも購入できる市販のマイクロファイバー素材のターバンは毛先をしっかりと包み込めるデザインになっているので便利です。
 
マイクロファイバー素材のターバンを被る前に、毛束を捻らないようにしましょう。手で軽く握るようにして水分を切っておくことがポイントです。驚くほど早く髪の毛を乾かすことができます。
 
2番目は「早く髪の毛を乾かすシャンプーやミストを活用すること」です。
いろいろなヘアケアグッズがあるのです。髪の毛を早く乾かすことができるシャンプーやミストもインターネット通販で購入できます。とにかくできるだけ早く髪の毛を乾かしたい人はチャレンジしてもいいでしょう。
 
3番目は「早く髪の毛を乾かすためにプロ用のドライヤーを使う事」です。
美容室のときを思い出してください。びっくりするほど早く髪の毛が乾きます。その理由はプロ用のドライヤーを使っているからです。プロ用といっても一般人でも購入できます。近頃は一般向けのドライヤーでも速乾機能がついた商品もあります。
 
  • 髪の毛が早く乾く理由をしっておこう!
 
1番目は「マイクロファイバー素材の仕組み」です。
マイクロファイバーは超極細の繊維でできているのが特徴です。そのサイズは髪の毛の1/1000というほどで、まさに極細の繊維を使っておられているからビックリします。
 
マイクロファイバーは一般的なタオルと比べて隙間がかなり多いです。そこの部分に髪の毛の水分が吸収しまう。水分はすぐに拡散して蒸発されます。髪の毛をターバンにいれている間でも、どんどんと水分は蒸発していく仕組みになっているのです。
 
2番目は「シャンプーなどで髪の毛が早く仕組み」です。
髪の毛を早く乾かすことができるシャンプー・ミスト・コンディショナーがあります。これらは特別な成分が配合されています。髪の毛の1本1本をコーティングしたり、バラバラにさせたりする成分です。中には水の沸点を下げる速乾成分を配合しているタイプもあります。
 
こういった成分によってドライヤーの風をしっかりと髪の毛全体や頭皮に届きやすくになります。速乾成分の効果によって早く水分が蒸発します。結果、髪の毛が早く乾燥する仕組みになっているわけです。
 
3番目は「物理的に風量が多いドライヤーを使う仕組み」です。
その方が水分を蒸発させるパワーが大きいです。髪の毛に付着している水分が早く乾くことになります。温風モードの場合はさらに水分が蒸発する温度があがりますから、より効果的です。
 
美容室で使用されるプロ用のドライヤーの風量は1.5立方メートル/分以上の分が一般的です。一方、家庭用のドライヤーは1.2立方メートル/分以下のものもあるのです。家庭用のドライヤーでも毎分1.3立方メートル以上のドライヤーならば、かなり早く髪の毛がかわきます。
 

髪の毛を早く乾かす吸水タオル